ABOUT

遠い昔、実験室の棚に見つけた標本箱の儚い冷たさ… 異国のモーテルの色褪せたメモのペラペラした郷愁… 宙に舞う淡く渇いた埃を照らす窓の光… 傷や欠け、翳や澱、経年…不完全で移ろいゆく素材たち 植物や鉱石を素材としたオリジナルパーツラインの[Clear]と、 ビンテージパーツを使った、 J.D.Salingerの短編集"ninestories"へのオマージュライン[Voyage]の2ラインを軸に、 小さな日々のドラマを光に透かすようにフレーミングしたアクセサリーを展開しています。 人生は、記憶と日常の断片でできている それを、プリズムみたいに光にかざして歩く 物語を纏う 日々の泡のアクセサリー ナインストーリーズ <プロフィール> DTPデザイナー、アパレルショップスタッフを経て、 2017年1月、アクセサリーブランド9storiesを立ち上げる。 仙台を中心に、東北のイベント出店、カフェや雑貨店での委託販売などの活動を続ける。 2018年より関東に拠点を移す。 2019年1月より、地元である神奈川県葉山にて活動開始。 _____________________________ 2017年11月、仙台・littlehomeにてicohi accessoryと二人展 「秘密の庭にヤモリはいるか、ヤモリのいる秘密の庭はどこにあるか」開催 2017年12月、仙台・Botanicalitem & café CYANにて個展「冬のパリを旅する6日間」開催 2018年5月、仙台・Botanicalitem & café CYANにて企画展「暁星の館」出展