物語を纏う 日々の泡のアクセサリー

遠い昔、実験室の棚に見つけた標本箱の儚い冷たさ… 異国のモーテルの色褪せたメモのペラペラした郷愁… 宙に舞う淡く渇いた埃を照らす窓の光… 不完全で移ろいゆくカケラたち 人生は、記憶と日常の断片でできている それをプリズムみたいに光にかざして、歩く

CATEGORY

LOADING...

border

LOADING...